2017年10月21日

とにもかくにも要チェキです。

たまたま新聞で見つけた「2017年 新聞広告クリエーティブコンテスト テーマ「捨て犬・捨て猫問題」」。
最優秀賞作品がとにかくステキなんです。是非チェックしてみてください!。  


Posted by 東北キャラクターメディア at 10:35Comments(0)

2017年10月20日

ゆるキャラ紙相撲大会

なんて面白そうじゃないですか。
ご当地ゆるキャラ(横向き)を印刷した紙相撲大会。全国大会勝ち抜き戦とか。
小規模的地域活性化に繋がる予感だけはしてます・・。  


Posted by 東北キャラクターメディア at 19:34Comments(0)

2017年10月16日

カワイイ豆本できちゃいました


大崎市岩出山に伝わる伝統工芸竹細工と童話
赤ずきんちゃんを掛け合わせた衝撃的?作品
「竹好(ず)きんちゃん」。単に面白可笑しい
だけでなく、簡単にですが、制作過程を軽く
紹介したプチ実用冊子に仕上がってます!。


掌サイズのカワイイ絵本仕立てにしてみました。


そして今回初めてセルフ製本にもchallenge!。
初めての製本にしては成功したと思える自信作に
仕上がってます。
来月より大崎市竹工芸館(@大崎市岩出山)様で1部
500円で販売開始予定です!。  


Posted by 東北キャラクターメディア at 17:51Comments(0)

2017年10月16日

今日のハケンちゃん(本チャン)

原案■原液派遣社員(東北キャラクターメディア所属)
 画■ATU




















おわり
  


Posted by 東北キャラクターメディア at 00:43Comments(0)

2017年10月15日

ファッショナブルこけしご提案中


ファッショナブルこけし=着せ替えこけし。
こけしの新しい楽しみ方(価値観)掘り出し
企画続投中です!。  


Posted by 東北キャラクターメディア at 12:07Comments(0)

2017年10月15日

熱烈?下絵作画ヽ(●´ε`●)チュー


知られざる派遣社員な日常を現役派遣社員が
綴った原案から書き起こし真っ最中。
作画終了後は、パソコンで読み取って文字打
ちすれば完成です!。
  


Posted by 東北キャラクターメディア at 00:02Comments(0)

2017年10月14日

無人という不気味さ

普段、人や車で賑わう街中が無人というだけでやたら不気味に感じるのは、何故なんでしょうか。

それは、きっと個が他と共存する(したい)意識が自然に働いての事だと思います。他と繋がる事で自らの存在を再認識したい種なのかもしれませんね。  


Posted by 東北キャラクターメディア at 06:51Comments(0)

2017年10月13日

チョイ出し今日のハケンちゃん

キャラクターレーベル、東北キャラクターメディアが贈るキャラクターの登場しない漫画。求められてるのは、アナタの想像力です!(月末には、ちゃんと漫画にしたやつ掲載予定)。

『今日のハケンちゃん』
原案■原液派遣社員

→私は、ハケン。次代が産んだニューワーカーってトコかしら。

→そんな私は、最近精密品製造系企業へ派遣してもらったの。

→精密品取扱いって事で、初めてクリーンスーツ着用勤務に就いたんだけど・・

→クリーンスーツだらけの現場の雰囲気は、ちょっと異様・・慣れるまで時間を要したわ。

→でもね利点もあったの

→仕事しくじって叱られても、目しか見えないから表情が読めない分、怖さ半減なの。

→何より衝撃的だったのは、夜勤の時ね。深夜にもなると顕微鏡覗いたまんま寝ちゃってる人がいるの。その光景は、まるでコントね。

→思い切り「あんたベタ過ぎ!」ツッコミかましたくなったわよ

→不安定な職業だけど生きてく為には必要ね。明日もきっと私は、ツッコミたくなるシチュエーション見つめながら仕事に望んでるハズだわ。  


Posted by 東北キャラクターメディア at 07:30Comments(0)

2017年10月12日

子猫の持つ

魔性な可愛さ。ここにも人が感じる「萌え」の要素がたっぷり。萌えつつも美しいさまを「萌つくしい」標語広めに御協力を(^^ゞ。  


Posted by 東北キャラクターメディア at 18:40Comments(0)

2017年10月11日

時代を斬る?一発漫画!


ある企業に派遣社員として勤務する作者が
原案のこの作品。面白可笑しい日常を描き
爽やかに終了していきそうな物語に要注目
です。掲載は、今月下旬です。

「今日のハケンちゃん」
原案■原液派遣社員(東北キャラクターメディア所属)
 作■東北キャラクターメディア  


Posted by 東北キャラクターメディア at 05:20Comments(0)